サイコブレイク(The Evil Within)『悪夢-AKUMU-』- Chapter 4 ・The Patient(No Death・貴重品全回収)






OmegaGamesWiki™さんが、2014-11-05 04:23:46に公開した『サイコブレイク(The Evil Within)『悪夢-AKUMU-』- Chapter 4 ・The Patient(No Death・貴重品全回収)』は、ゲーム動画 紹介wikiがYoutubeから厳選して紹介するゲーム動画です。

動画の元ページはこちらからご覧ください。




☆タイトル:サイコブレイク(The Evil Within)『悪夢-AKUMU-』- Chapter 4 ・The Patient(No Death・貴重品全回収)

☆投稿者:OmegaGamesWiki™

☆公開日:2014-11-05 04:23:46

☆視聴時間:18:27

☆視聴回数:44411



難易度『悪夢-AKUMU-』のサイコブレイク(Psycho Break/The Evil Within)プレイ動画です、Chapter 4 The Patient(No Death・貴重品全回収)。

貴重品(Collectibles and keys):
1) 地図の断片 5(Map Fragment 5) 1:06
2) 村内民家の手記(Villager’s note) 2:01
3) ロッカーの鍵(Locker Key) 5:14
4) セバスチャンの手記 2005月2月(Journal Entry – February 2005) 6:12
5) Missing バレリオ(Valerio) 7:08
6) 行方不明の患者 発見(Missing Patient Found) 7:15
7) 地図の断片 6(Map Fragment 6) 7:30
8) 地図の断片 7(Map Fragment 7) 8:01
9) ロッカーの鍵(Locker Key) 13:18

とても簡単なチャプターでした、前半はSurvivalと同じで、後半の集団戦は偽ルヴィク1体追加されただけです、やり方はSurvivalと一緒。

Chapter 4 – The Patient(貴重品全回収)
難易度: 『悪夢-AKUMU-』(New Game)
累計クリアタイム: 6:37:08(イベントシーン入り)
累計死亡回数: 0 (No Death≒No Damage)

『悪夢-AKUMU-』難易度とほかの難易度の違い:
・どんな攻撃(爆弾とトラバサミも含み)でも一撃喰らえば死亡する
・敵の数や種類が増える
・敵が動きと反応が速くなる

『悪夢-AKUMU-』をクリアするのポイントやアドバイス:
・弾丸はなるべく節約する(スニークキルやマッチの活用)
・アップグレードは慎重に(ストックと全力疾走時間が最優先)
・ロッカーを開ける前に必ずセーフ(注射器などのいらない物出たらリロード。グリーンジェル、ショットガンの弾、スナイパーライフルの弾、後盤はマグナムの弾が最優先)

サイコブレイク(The Evil Within)『悪夢-AKUMU-』難易度のプレイ動画プレイリスト:
⇒https://www.youtube.com/playlist?list=PL4fd59i0eA3XtDj3zfXegaC63lRMiF4Nc

サイコブレイク(The Evil Within)のプレイ動画プレイリスト:
⇒https://www.youtube.com/playlist?list=PL4fd59i0eA3Vk5xpfl9OdKHSBxgRAeTOu

======================

– ゲームタイトル: サイコブレイク(Psycho Break/The Evil Within)(PS4版)
– 発売日: 2014年10月23日 (日本)
– 価格: PS4/Xbox One・7300円(税別)、PS3/Xbox360・5800円(税別)
– ジャンル: サバイバル・ホラー
– ESRB: Cero D
– 開発: Tango Gameworks
– 販売: ベセスダ・ソフトワークス

=======================

BETHESDA GAMES COPYRIGHT & VIDEO POLICY:
⇒http://www.bethblog.com/bethesda-video-policy/

=======================

“Copyright Disclaimer Under Section 107 of the Copyright Act 1976,
allowance is made for “fair use” for purposes such as criticism,
comment, news reporting, teaching, scholarship, and research.
Fair use is a use permitted by copyright statute that might otherwise
be infringing. Non-profit, educational or personal use tips the balance
in favor of fair use.”

=======================